マンションを貸すという選択

不要になったマンションは貸すという選択肢もある

不要になったマンションは貸すという選択肢もある古いマンションを賃貸に出すならリフォームしたほうが良い賃貸経営をするのなら大家としての自覚を持つべき

不要になったマンションや、新たに家を購入したいと思った場合、今まで住んでいた住居を売却して、その資金で新しい家を購入するという方法があります。
しかし今まで住んでいたマンションを売ってしまってよいのでしょうか。
もしその建物の立地が賃貸用に適している場合であれば、売るのではなく貸すという選択肢もあるのです。
私の場合には、マンションを貸すという経験は今までありませんでしたが、自分の祖母がアパート経営をしていたという事もあり、賃貸業については昔から比較的興味がありました。
そのため、人に住居を貸すという不安などは、あまりなかったと言っても過言ではありません。
ですが、古くなったマンションを賃貸に出す場合には、そのまま貸すわけにはいきません。
まず私が取り組んだのは部屋の修繕についてです。
特に水回り、キッチンやバスルーム、トイレは一式変えてしまった方が良いと思いました。
もしも内見に来た人が、汚れたキッチンやバスルーム、トイレを見たら決まるものも決まらなくなってしまう可能性があります。
他にも壁紙やふすま、障子の張替えなども業者に依頼しました。
それらのリフォーム、もしくはリノベーション工事を自分で行う人もいますが、私の場合には手先が器用な方ではないので、すべて専門の業者に依頼することにしました。