マンションを貸すという選択

賃貸経営をするのなら大家としての自覚を持つべき

不要になったマンションは貸すという選択肢もある古いマンションを賃貸に出すならリフォームしたほうが良い賃貸経営をするのなら大家としての自覚を持つべき

たった1室とは言え、私が賃貸経営を始めて感じたことは、これは立派な不動産賃貸業というビジネスであるという事です。
このビジネスは楽に感じるかもしれませんが、大家として入居者を安心して安全に住んでもらうという義務があると感じています。
もしも安心して住めないような居住環境であったならば、入居者にそっぽを向かれて出て行ってしまう事でしょう。
そして次の入居者が決まらずに空室が続いて、賃貸経営は成り立たなくなってしまう恐れもあります。

マンションを売るか貸すかで迷ったらどうする?指標PERが役に立つ!https://t.co/C9f8QSCZ4S

— 白雨 (@toreber2) 2019年11月11日
最後に経験者の私から未経験の人に伝いたいことは、大家としての自覚を持って行動した欲しいという事です。
入居者が決まったら放っておいても家賃が入るという不労所得的な考え方は今は昔の話です。
現代では賃貸経営という自覚をもってしっかりと取り組む大家が成功に一歩近づくことが出来るのです。
そのことを肝に銘じながら、これから始める人は、賃貸経営を成功に導いていただきたいと思っています。

マンションを貸す分譲マンション貸す